​土地家屋の売却による所得税の申告

土地家屋の売却による税金でお悩みの方へ

土地家屋の売却による確定申告について

不動産の売却で「利益がでた」ときには、売却後に確定申告が必要です。

「利益が出た」とは、売却代金から取得費や諸経費などを差し引いて、

売却代金がプラスになったときのことをいいます。

売却益は「課税譲渡所得」として区分され、売却益に応じた「譲渡所得税」を納める必要があります。

確定申告は譲渡した年の翌年2月16日から3月15日までの間に行います。

 

確定申告書作成については、ほとんどの税理士事務所とは異なり、

代表者自ら、始めから終わりまで責任を持って対応させて頂きますので

ご安心ください。

​土地家屋の売却にかかる譲渡所得について

譲渡所得については、複雑かつ金額が大きいことから、税務署や税理士に相談されることをお勧めします。

なお、土地建物を売ったときの譲渡所得の金額の計算上、特例として特別控除が受けられる場合があります。


 譲渡の種類とその特別控除額は、次のとおりです。

  1. 公共事業などのために土地建物を売った場合の5,000万円の特別控除の特例

  2. マイホーム(居住用財産)を売った場合の3,000万円の特別控除の特例

  3. 特定土地区画整理事業などのために土地を売った場合の2,000万円の特別控除の特例

  4. 特定住宅地造成事業などのために土地を売った場合の1,500万円の特別控除の特例

  5. 平成21年及び平成22年に取得した国内にある土地を譲渡した場合の1,000万円の特別控除の特例

  6. 農地保有の合理化などのために土地を売った場合の800万円の特別控除の特例

ご相談事例

土地建物を売却した・・
確定申告のやり方がわからない・・
​土地建物の税金で節税したい
design.png

飯塚久仁生公認会計士・税理士事務所

OISC税務会計事務所

〒179-0075 東京都練馬区高松6-21-18

​お急ぎの方は、「お問い合わせ

メールフォームよりご連絡ください

(外出等のため、電話の折り返しが遅れる場合がございます)

※大変恐縮ではございますが、ご依頼を前提とされない税金に関するご質問はご遠慮下さい