​会社の廃業

​会社の「たたみ方」について

解散について

会社をたたむ方法として、経営者が取りうる手段には、大きく分けて

「解散」と「承継」の2つがあります。

「解散」の主な方法には、「清算手続き」と「破産手続き」

があります。

​「清算手続き」とは、解散前に会社が行っていた業務の後始末をし、未回収の債権を取り立てて、未払の債務を支払い、最終的に残った会社の財産をお金に換えて、株主に分配するという手続きです。

​一方「破産手続き」とは、会社が支払不能または債務超過の状態にある場合に

​裁判所の決定により開始されます。

​承継手続きについて

​「承継」の主な方法には、「民事再生手続き」と「M&A」があります。

​「民事再生手続き」とは、会社が再建のために計画案を策定し、債権者に同意を受けると共に、裁判所の認可を受け、事業の再建を図る手続きです。

​一方「M&A」とは、株式譲渡や事業譲渡による合併や買収の総称です。

ご相談事例

​高齢のため、会社をたたみたい
清算手続きのやり方がわからない・・
design.png

飯塚久仁生公認会計士・税理士事務所

OISC税務会計事務所

〒179-0075 東京都練馬区高松6-21-18

​お急ぎの方は、「お問い合わせ

メールフォームよりご連絡ください

(外出等のため、電話の折り返しが遅れる場合がございます)

※大変恐縮ではございますが、ご依頼を前提とされない税金に関するご質問はご遠慮下さい