成年後見

成年後見でお悩みの方へ

転ばぬ先の杖

年齢を重ねるにつれ、誰でも、体力・知力・判断力は衰えるものです。

判断力が衰えると、使うはずのない高額な商品などをいつの間にか購入してしまうなどして、大切な財産を守ることが困難になります。

 

そこで、判断能力が衰えた方をサポートすべく制定されたのが「成年後見制度」です。成年後見制度は、判断能力の低下した方に代わって、後見人が財産管理等を行うものです。

後見人は信頼が大事

後見人には、信頼のおける人になってもらうのが望ましいと考えます。

事実、近親者が後見人となっていることがほとんどです。

ただ、近親者だけで判断力が衰えた方を支えるのには限界があります。

また、認知症の親の面倒をみていたが、親のお金を使い込んでいるのではないかと、親族等から疑いの眼差しで見られる場合等もあります。

 

さらに、将来、自分の判断能力が衰えたときに、財産管理を任せることができる人が見当たらない、子どもに知的障害があり自分たち両親が亡くなった後の子どもの生活が心配である等、困難な事例は多々あります。

 

わたくしどもOISCは、ご自身で成年後見の申請等を行う時間的余裕のない方、体力・気力に自信のない方、専門家の意見を聞きたいという方等を対象に成年後見に関するご相談を承っております

税理士と成年後見の関係

日ごろ顧問先の税務申告に携わっている税理士は、財産管理を行う上で後見人にふさわしい存在といえます。


例えば、先々は有料の老人ホームに入居したいとお考えであった場合、ご自宅の売却が必要なこともあり、譲渡所得の確定申告を行う必要が生じます。

また、財産管理を行う上で、将来の財産処分・遺産分割のあり方等の相続税対策をアドバイスを受けることも可能となり、税法の専門家である税理士が任意後見を行うことはご本人様・相続人様にとって意味のあることとなります。

ご相談事例

将来、自分の判断能力が衰えたときに財産管理を任せる人がいない・・
認知症の疑いがある・・
高齢の親の面倒を見るのが難しい・・
子供に知的障害があり、自分達が亡くなった後が心配・・
認知症の親の介護をしてきたが、周りの親族から財産を使い込んでいると疑いをかけられている・・
高齢の親がいつの間にか高額な商品を購入していた・・
元気なうちに信頼出来る人を後見人に選定しておきたい・・
design.png
 

お見積もりフォーム

飯塚久仁生公認会計士・税理士事務所

OISC税務会計事務所

〒179-0075 東京都練馬区高松6-21-18

​お急ぎの方は、「お問い合わせ

メールフォームよりご連絡ください

(外出等のため、電話の折り返しが遅れる場合がございます)

※大変恐縮ではございますが、ご依頼を前提とされない税金に関するご質問はご遠慮下さい