Pink Sugar

​高齢のご両親の財産管理
コンサルティングサービス

ご両親の財産管理でお悩みの方

転ばぬ先の杖

年齢を重ねるにつれ、誰でも、体力・知力・判断力は衰えるものです。

判断力が衰えると、使うはずのない高額な商品などをいつの間にか購入してしまうなどして、ご両親の大切な財産を守ることが困難になります。

 

そこで、判断能力が衰えた方をサポートすべく制定されたのが「成年後見や家族信託」です。成年後見制度は、判断能力の低下した方に代わって、後見人が財産管理等を行うものですが、今日様々な問題点が表面化しています。

​一方、財産管理には、家族信託が有効ですが、比較的新しい制度で専門家が少なく、初期費用が高額であるのが難点です。

3348c18bfc720fa259631d41537d47f1_m.jpg
将来的な財産管理には信頼関係が大事
nature-3054797_640.jpg

​成年後見も家族信託も複雑で使い勝手が悪く、そのうえ費用がかかる制度です。

 

思い付きや付け焼き刃的な対応ではなく、まずは、現状を把握し(総財産の洗い出し・相続税額の概算)、その後、将来への備え(遺産分割を見据えた遺言・成年後見・家族信託・会社の清算や承継・生前贈与、等)を全体的に考察するのが宜しいと考えます。

 

わたくしどもOISCは、ご両親の財産管理に頭を悩ませている方を対象に「老親コンサルティングサービス」を承っております

資産税専門税理士と財産管理の関係

日ごろ、資産税の税務申告を専門とする当方のような税理士は、現在から将来にわたる財産管理のアドバイスさせていただくのにふさわしい存在といえます。


例えば、先々は有料の老人ホームに入居したいとお考えであった場合、ご自宅の売却が必要なこともあり、譲渡所得の確定申告を行う必要が生じます。

また、財産管理を行う上で、将来の財産処分・遺産分割のあり方等の相続税対策をアドバイスを受けることも可能となり、資産税に強い税理士が親御さんの財産管理のアドバイスをさせていただくことはご本人様・相続人様にとって意味のあることと存じます。

287274.png

ご相談事例

checkmark-69957_640.jpg
将来、ご両親の判断能力が衰えたときに財産の管理や処分はできるのか
笑顔の食事
checkmark-69957_640.jpg
親が認知症になったらどうしよう
checkmark-69957_640.jpg
高齢の親の財産管理が難しい
checkmark-69957_640.jpg
​相続税はいくらくらいかかるのか不安だ
checkmark-69957_640.jpg
​相続税の支払いが不安だ
checkmark-69957_640.jpg
​親の死後、遺産分割でもめそうだ
checkmark-69957_640.jpg
​親の死後、会社はどうしよう