​遺言

遺言でお悩みの方へ

円満相続のための第一歩

財産はその所有者が亡くなると、相続人のものになります。

通常は、ご自分の夫や妻またはお子様等、つまり、「法定相続人」に相続されます。 それゆえ、法定相続人が2人以上いると、財産をどう分けるかで問題になります。

特に、先妻のお子様や後妻の方がいらっしゃる場合や、被相続人が

生前事業や農業をしていた場合には、いわゆる「争族」になりかねません。

 

夫婦の間に子供がいない場合、相続はどうなるでしょうか?

相続人がひとりもいない場合は? さらに、相続人でない方、例えば、お世話になった長男のお嫁さん等、特定の人に自分の死後財産を残したい場合はどうすればいいのでしょうか?

絶対おすすめ公正証書遺言

上記のような様々な問題を解決するのが、「遺言書」です。

遺言書は、ご自身の死後の処理を生前に決定しておける有効な手段あり、

人生の総決算ともいえる書類です。

 

遺言書にはいくつかの種類がありますが、安全性の観点から、

OISCでは「公正証書遺言」をお勧めいたします。

「公正証書遺言」は、お近くの公正証書役場で作成可能です。

 

わたくしどもOISCは、ご自身で「公正証書遺言」作成の手続をする暇のない方、体力・気力に自信のない方、専門家の意見を聞きたいという方等、サポートを必要とされる皆様を対象に遺言に関するご相談を承っております。

ご相談事例

fd2a26a3b430115209aadaa35e08d5e7_s.jpg
checkmark-69957_640.jpg
夫婦二人暮らしである・・
checkmark-69957_640.jpg
先妻の子や、後妻がいる・・
checkmark-69957_640.jpg
世話になった長男の嫁に財産を渡したい・・
checkmark-69957_640.jpg
個人で商売や農業をしている・・
checkmark-69957_640.jpg
友人等、特定の人に多くを相続させたい・・
checkmark-69957_640.jpg
相続人がいない、また、財産をあげる人がいない・・
design.png