幼稚園の風景

生前贈与・相続時精算課税

生前贈与についてお悩みの方へ

元気なうちにご家族へ

元気なうちに奥様、お子さん、お孫さん、お世話になった方、等に財産を移しておきたいと考えている方も多いと思います。

ご自身の財産を有効活用し、ご家族や縁者の方々が幸せになることができれば、ご自身にとっても幸せなことでしょう。

ただ、生前贈与にかかる税金(贈与税)は一般的に相続税よりも税率が高いので、安易な贈与は後悔することになりかねません。

贈与税は割高なので注意が必要です。
0e39512729bcbe2b1606b4a8eb84a8a1_s.jpg

贈与税の申告は、相続税の申告作業に比べて簡単ですので、専門書やインターネットを参照することにより、手続き可能です。

 

わたくしどもOISCは、ご自身で贈与税の申告をする暇のない方、身体的・精神的に自信のない方、相続時精算課税制度等の特例につき専門家の意見を聞きたいという皆様を対象に贈与に関するご相談を承っております。

ご相談事例

幼稚園の子供たち
checkmark-69957_640.jpg
​生前に妻、子供、孫に財産を移しておきたい・・
checkmark-69957_640.jpg
相続税は高額だと聞いていたが、概算の額を教えてほしい・・
checkmark-69957_640.jpg
​相続時精算課税制度を利用したい

相続時精算課税制度をおすすめするご家庭>

  • 相続財産の価額が相続税の基礎控除額(3,000万円 + 法定相続人 × 600万円)以内に収まり、将来相続税を支払う予定がない

  • 賃貸アパートやマンション等の定期的な収益のある不動産を持っている

  • 将来的に評価額が高くなる財産(土地、株式など)を持っている